セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
11月15日、今月2回目の紅葉鑑賞旅🍁です。

今回は、静岡県・愛知県・長野県の県境を流れる天竜川に沿って走るJR飯田線に乗って、天竜峡まで行って来ました。

飯田線は人里離れた山中を走るので、秘境と呼ばれる駅の全国ランキングで高順位の駅がたくさんあります。
豊橋駅から辰野駅まで全長195.8kmを走る飯田線は今年80周年を迎えて、JR東海がことさら秘境駅を巡る旅に力を入れるのも納得です。
今回は特別貸切電車で巡ります。
a0292205_17465102.jpg
人もいない。
何もない。
2時間に1本しか走らない。
…という人里離れた山中を走る「秘境号」は、ローカルにありがちな質素な一両編成の電車かと思いきや、中は意外にも特急列車並みの豪華な仕様でした。
a0292205_17504463.jpg
飯田線の中でもランキング上位の人気駅7駅(①小和田②中井侍③伊那小沢④為栗⑤田本⑥金野⑦千代の各駅)に途中停車して、写真撮影や近くを散策する時間も設けてくれるありがたさ。
走行中も風光明媚な場所ではゆっくり走ったり、近隣の案内もアナウンスされて、中々のサービスぶりでした。
最終駅の天竜峡駅では現地ガイドさんが待ち受けて、美しい渓谷美の案内をしてくれました。
a0292205_17591974.jpg

a0292205_17592231.jpg

a0292205_17592711.jpg

a0292205_17592978.jpg

a0292205_17593122.jpg
先週に引き続いて今回の場所も落葉が多かったので、紅葉のピークにはまた間に合わなかったんだなぁと残念に思いましたが、ガイドさんによれば、落葉の原因は先週から今週にかけて降った雨のせいだそう。
雨が多い今秋ですが、私が出掛ける日はいつも良く晴れて、写真映えする1枚が撮れるのは嬉しい限りです。ヽ(´▽`)/

今回のツアーは、東海道新幹線を利用したJR東海主催の「飯田線秘境駅めぐりと天竜峡」¥14800でした。

[PR]
# by chingu-amigo | 2017-11-16 17:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)

紅葉巡り 第1弾! 会津編

美しい日本の四季の中で、絶対見逃せないのが春の桜🌸と秋の紅葉🍁。

11月に入り、あちこちから紅葉🍁のお便りが届く季節になりました。
山⛰が彩る緑から黄色・オレンジ・朱…と美しいグラデーションは、見る者を圧倒する自然の営み…💕

しかし、
ここ数年11月は海外に出ていることが多くて、じっくり日本の秋を鑑賞していなかったなぁ…と反省。

で、
今月はたっぷり紅葉🍁を楽しもう!…ということで、三週連続で紅葉🍁鑑賞の旅に出ることにしました。

第1弾は11月7日。
福島会津地方を訪ねました。
前々から行ってみたかったんです、大内宿。
a0292205_17233515.jpg
小さな範囲ながら江戸時代の宿場町がそっくりそのまま残された、まるでエアポケットのような佇まい。
見晴らし台から望む街並みは、まるで映画のセットのようでした。

名物はネギ蕎麦。
a0292205_17241170.jpg
薬味とは別に長いままの長ネギが1本付いてきます。
その長ネギを齧りながら蕎麦を食べるという…結構野性的というかアグレッシブな食べ物ですね。

さて…
今回の旅の詳細は…
JR東日本主催の「列車でいく日帰り(秋)大内宿と塔のへつり」
往復は東北新幹線🚄を利用。
新白河駅からはバス🚌で塔のへつり・大内宿・鶴ヶ城を経て会津若松駅でバスは解散し、郡山から新幹線で帰京というコース。
料金は16300円でしたが、東京都から1500円の補助金が出るとのことで結局14800円になりました。

会津地方の紅葉🍁の見頃は例年10月下旬からとのこと。
ママ友👩4人の都合を優先した結果の11月7日決行でしたが、案じた通り見事に紅葉🍁の見頃は過ぎていました。(>_<)
でも、立冬とは思えないポカポカ陽気の快晴だったので、長閑に鑑賞出来たのは良かったです。

塔のへつり↓
a0292205_17520933.jpg

a0292205_17521136.jpg

a0292205_17521330.jpg

大内宿↓
a0292205_17531833.jpg

a0292205_17532035.jpg
鶴ヶ城↓
a0292205_17544594.jpg

a0292205_17544768.jpg

a0292205_17545028.jpg


[PR]
# by chingu-amigo | 2017-11-08 16:57 | 国内旅行 | Trackback | Comments(4)

2017.10 済州島の旅 ③

とりあえず黒豚で空腹を満たし、お土産の買い物もさっくり済ませたので、ホテルに戻りちょっとお休み。

夕方になってから近くにある「ロッテ火釜サウナ」で2年ぶりにアカスリをしてもらい、チムチルバンでまったりしました。
入場料6000ウォン、
チムチルバン用館内着2000ウォン、
アカスリ30000ウォンでした。

ちなみに、レートは空港で10000円が98500ウォンだったので、ほぼ100ウォン=10円計算ですね。

サウナの後夕飯を食べる店を探したのですが、閉店ばかりで中々見つかりません。
困ったなぁ。
カップラーメンか?
と泣きそうになった時、ようやくチキン屋さんを発見!

ここで食べた「醤油チキン」が美味しかった。
ちょっと甘みもあって、歌舞伎揚っていうお煎餅に似た味。
ホントは辛い味の「ホットチキン」も食べたかったけど、一皿の量がとても多かったので諦めました。
a0292205_00353944.jpg

a0292205_00354178.jpg

さきほどガイドさんから
明日(10/3)の市内は、最後に帰省土産を買う韓国人で渋滞はするわ市場はごった返すわで大変だから、遠出して観光する方が良いとのアドバイスをいただいたので、明日は一日タクシーをチャーターすることにしました。
済州島の下側(南側)方面に向かう予定です。



[PR]
# by chingu-amigo | 2017-10-09 00:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

2017.10 済州島の旅 ②

済州島1日め。
成田のマックで軽く朝ごはんを食べ、機内食を食べ、済州島に到着したのは12時半頃。
大韓航空718便の機内は割と空いていました。

現地係員と共に新羅免税店に寄った後ホテル(メゾングラッドホテル)へチェックイン。
久しぶりの大型ホテルに投宿で、ちょっとテンション上がりました。
a0292205_23081933.jpg
a0292205_23520343.jpg

a0292205_23520459.jpg

a0292205_23520725.jpg

部屋は新館の高層階で、セミダブルのベッドが2台。
広いし綺麗だし満足です。
新館の1階にはカジノもありました。

お腹も空いたので、荷物を置いたら早速街に出かけましょう。

済州島と言えば先ずは海産物。
他に黒豚・みかん・ピーナッツなどが名産です。
ホテルの裏手にある「オメフッテジ」という黒豚専門店でオーギョプサル(五枚肉)を食べました。
a0292205_23205127.jpg

a0292205_23205227.jpg
分厚い肉が焼けたところで、チョキチョキとハサミ✂️でカット。
韓国では肉も野菜も冷麺もみなハサミでチョキチョキ。
確かに合理的なんだけど、何回見てもちょっと抵抗があります。

鉄板の上の器には魚醤が入っていて、肉につけて付け合わせの野菜やらキムチやらを一緒にサンチュで巻いて食べます。
豚肉は皮つきのまま焼きますが、皮は硬いので切り落としてしまいます。
試しに齧ってみたのですが、美味しくなかったです。

食後は少し歩いてロッテマートというスーパーマーケットに行き、お土産の定番をいくつか買いました。

済州島に着いてガイドさんから聞かされて初めて知ったのですが、私たちが旅したこの時期は正にチュソク週間真っ只中。(10月4日がチュソク当日)
チュソクは例年9月中旬頃に当たることが多いので、すっかり失念していました。
チュソクとは日本のお盆のようなもので旧暦に拠ります。
一族がみな実家に集まり、先祖の供養をします。
その為、チュソク当日はほとんどのお店が一斉に休業してしまうのです。
通常のチュソク休暇は4日前後ですが、今年は曜日の関係でなんと10日間の長い休みになった人も多いそう。
お盆とゴールデンウィークが合体したような長期休暇なので、例年にも増して国民の大移動が起きているそうで、国内線のチケットが高騰してソウルから済州島までのチケットが10万円にもなっていると聞いて、びっくりでした。
だって、HISのこのツアー、3泊4日の基本コースなら29800円ですよ。




[PR]
# by chingu-amigo | 2017-10-08 22:59 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

2017.10 済州島の旅 ①

2017.10.2から3泊4日で済州島に行って来ました。

当初、ひとり旅するつもりで計画をしていたのですが、計画を知ったママ友の1人に是非連れてって!と懇願され、ならばツアーの方が安いかなと調べた結果、HISのフリーツアーに決めました。

エアーと3泊のホテルと往復の送迎がついて、なんと29800円!という破格のツアーです。
ホテルのグレードアップ料金16000円を足して、空港使用料など諸経費を入れてしめて50730円!
個人で行くより相当安いと思います。

エアーは大韓航空の直行便で
往路は成田9:45発、復路は済州島18:00発と滞在時間も充分です。
ホテルは、済州市の新市街にある「メゾン グラッドホテル」
10月の宿泊者には新館デラックスルームへのアップグレードと、ビアガーデンで生ビールとフライドチキンセットのサービスつきというオマケもついてました。
a0292205_23581437.jpg

a0292205_23581519.jpg

アラウンド還暦の女子2人旅。
膝が…腰が…
と日々の体調に不安があるお年頃ゆえ、敢えて、観光も食事も決めずにザックリいくことに。

でも…
それが結果オーライ。
ゆったり楽しい四日間を過ごすことが出来ました。



[PR]
# by chingu-amigo | 2017-10-06 23:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

アートアクアリウム2017

日本橋コレド室町1にある三井ホールで開催されている「アートアクアリウム2017」を見に行ってきました。

妖しげなライトの中、たくさんの金魚が様々な水槽の中で舞う幻想的な水族アートです。
今年のテーマは「龍宮城」をコンセプトにした「江戸・金魚の涼」

7月7日から9月24日までの長丁場の展示は、金魚に相当なストレスを与えてるのでは…?
と、少し心配になりました。
a0292205_22380914.jpg

a0292205_22381104.jpg

a0292205_22381342.jpg

a0292205_22381550.jpg
a0292205_22384893.jpg

a0292205_22385045.jpg


[PR]
# by chingu-amigo | 2017-09-21 22:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(4)
バス旅2日目。
今日は、駆け足で立山黒部アルペンルートを縦断する予定ですが、残念ながら富山は朝から雨です。チーン

①立山から美女平までは「立山ケーブルカー」
②美女平から室堂までは「立山高原バス」
③室堂から大観峰までは「立山トンネルトロリーバス」
④大観峰から黒部平までは「立山ロープウェイ」
⑤黒部平から黒部湖までは「黒部ケーブルカー」
⑥黒部ダムから扇沢までは「関電トンネルトロリーバス」

立山黒部アルペンルートの楽しみは、立山連峰の景観の素晴らしさやダムの雄大さだけでなく、このバラエティに富んだ乗り物に乗れることでもあります。ラブ

我々ツアー客の願いも虚しくひと山⛰越える間、雨はやむことはありませんでした。ショボーン
ゆえに、
室堂でも大観峰でも、晴れた時に近くを散策出来るようにスケジューリングされた日程では…
「時間が余った」チュー

頑張って雨☔️の中を出て行った人たちはみな、雨と風でびしょ濡れになってました。
私は行かない。
濡れた服で一日過ごすなんて、風邪ひきそうなこと出来ません。 
晴れたら☀️こんな感じ…っていう山々の写真を見て…
「見たことにする!プンプン

…そんな生憎の旅でしたが、黒部ダムの観光放水は展望台から濡れずに観ることが出来ました。
良かった!

でもこの展望台。
外から昇るコースと黒部ダム駅構内から行くコースがあるのですが、どちらもかなり長い階段を上らなくてはならない。
私が頑張った駅構内からの階段は220段もありました。
a0292205_21290879.jpg

{1BEC5670-CBCF-4366-9A70-18F0E0727964}

{4FC49D43-0CAD-482D-A343-4F6EAD30912D}

{BCDF5B7D-23B0-490E-8888-E64966E656D1}
くろにょんクンに見送られて、黒部の旅はおしまい。

とりあえず無事に帰宅出来たことに感謝。

[PR]
# by chingu-amigo | 2017-09-14 21:22 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)
平湯温泉でひと休みした後は、古い街並みが美しい高山へ。
高山観光は1時間程度しか散策時間がなかっし、前にも来ているのでサクッと一回りするだけにしてお土産を買いました。
最近凝ってるご飯🍚の友。
(私の場合はお豆腐の友ですが…)
飛騨牛の佃煮と漬物用の味噌を買ったのですが、ふと横を見たら添乗員さんもお味噌を買ってました。
シーズンは何度もこのコースに乗っているという添乗員さんがおススメのお店のようです。

赤い欄干が可愛い中橋。↓
a0292205_21030890.jpg
上三之町通りの街並み↓
a0292205_21035366.jpg
さて、お次は是非訪ねたいと思っていた白川郷へ。
荻町城跡展望台まではシャトルバスで。
a0292205_21071968.jpg
a0292205_21092064.jpg

a0292205_21092265.jpg
白川郷はとても絵になる風景ですが、
桜舞い散る🌸春でもなく、
艶やかな紅葉🍁の季節でもなく、
降り積もる雪❄️に覆われた冬でもない今の季節はどうなんだろう?って、ちょっと残念に思っていたのですが、青々とした稲穂が美しかったです。
白川郷は、季節を問わず素晴らしい景観です。
改めて、四季折々の白川郷を観てみたいと思いました。

[PR]
# by chingu-amigo | 2017-09-14 20:56 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)
HISのバス旅「白川郷・黒部アルペンルート」に参加しました。

新宿を朝早く出発、午前10時にはもう諏訪湖に着いてました。
a0292205_21430500.png
渋滞にさえ巻き込まれなければ、バス旅は楽チンでいいです。

諏訪湖SAで買ったワカサギ甘露煮の串。
朝食がチーズトーストとコーヒーのみだったので、ちょっとだけタンパク質を補給しました。
ワカサギの隣にはイナゴの串もあったけど、
こちらは…
ちょっと…(手が出なかった…)
a0292205_21473185.png
次の休憩は平湯温泉♨️。
ここでは足湯でほっこり。☺️
遠く笠ケ岳が美しい。
a0292205_21503788.png
a0292205_21532296.png


[PR]
# by chingu-amigo | 2017-09-05 21:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)

はとバス 貴賓席の旅

先日、はとバスの日帰りツアーに行ってきました。

今回は、はとバスの中でも最上級仕様のバスで行く、題して「貴賓席の旅」
a0292205_00045008.jpg

はとバスといえば黄色いバスをイメージすると思いますが、こちらはなんと艶やかなブラック。
a0292205_00045142.jpg

中は革張りシートの2席・1席の三列仕様。
後方にゆったりとした洗面室兼トイレがあり、総座席数は24席というゆったり配置のバスでした。

私はこの1人席にどうしても座りたかったので、バス旅初めての1人参加をしました。
今回は、是非この新幹線のグランクラスばりの席を体験したい!というのが先行して、正直ツアーの目的地はどこでも良かった…

バスが向かった先は那須山麓にある「自然とアートが融合するヒーリングリゾート二期倶楽部」と「藤城清治美術館」

二期倶楽部は、広大な敷地にコテージが散在し、緑豊かなお庭が美しいところでした。
森のコンシェルジュさんによる案内ツアーで、1時間ほど庭園を散策。
a0292205_00045124.jpg

ガイドさんが教えてくれたこの葉っぱ。
肝心の木の名前は忘れてしまったけれど、綺麗なハート型。
a0292205_00045210.jpg


ホテル内のレストランでは地元食材を使ったランチをいただきました。
私が糖質制限をしていることを伝えたら、なんと、コース料理の食材を低糖質のものに代えてくださる配慮をしていただきました。

ツアーに1人参加をする際気になるのは食事の時ですが、今回はもう1人女性の1人参加者がいたので、お話しながら楽しく食事が出来ました。
彼女はブラックオリーブにアレルギーがあるとのことで、パンの種類を代えて提供してもらっていました。

食物アレルギーについては、バスに乗って間もなくガイドさんから確認があり、随分丁寧だなぁと思っていましたが、ガイドさんからランチ会場へ連絡を入れて食材を用意していたのでしょう。

一般的なツアーなら、食物アレルギーは食べる本人の自己責任ですが、こういう配慮がされるのも「貴賓席の旅」だからですかね。
a0292205_00045304.jpg

a0292205_00045374.jpg

a0292205_00045438.jpg

a0292205_00045410.jpg


切り絵・影絵で有名な藤城清治さんの美術館は前々から行きたいと思っていました。
a0292205_00045550.jpg

a0292205_00045666.jpg

館内は撮影禁止なので作品の写真はありませんが、とても素晴らしい作品群に圧倒されました。

帰りがけに「チーズガーデン那須本店」に立ち寄り、チーズ関連のおやつをいくつか買いました。
友人とワイワイおしゃべりしながらのバスツアーも楽しいけれど、ひとりバスツアーも中々面白い…と思えた1日でした。

[PR]
# by chingu-amigo | 2017-08-13 23:00 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)