セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

沖縄から台北へ 弾丸旅2017.2 ①

沖縄と台湾はとても近い位置にあります。
飛行時間は1.5時間弱。
東京に帰るより近いのです。

そんな位置関係を知ったら、こりゃ行くっきゃない!と、LCC体験第3段、ピーチアビエーションを利用して台北までひとっ飛び〜
o(^▽^)o🤗
a0292205_21353780.jpg

那覇空港のLCCターミナルへは、空港の専用シャトルバスに乗ります。
到着して…正直…愕然としました。
これまでの空港ターミナルビルのイメージがガラガラと崩れました。
そこは…
あまりに簡素。
プレハブ造りの倉庫という印象でした。
a0292205_21353815.jpg

チェックインコーナー前のイスは、剥げた木製ベンチでした。
暖房もないので、待っている間身体が心底冷えました。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

もちろんラウンジもありません。

出国審査後は、待合椅子こそベンチより格上げされてましたが、小さな売店と自販機のみ。
自販機で買った缶コーヒーで暖をとり、搭乗を待ちました。❄️

普通のエアラインだと、遅れて来るお客さんを待って出発時刻を遅らせることもありますが、LCCは時間厳守。
サッサと締め切ってしまうので、時間に厳しい日本人的にはその潔さに好感が持てます。
出発時刻ぴったりにはもう最終滑走路上にいて、予定時刻の15分前には台北桃園空港に到着してました。
a0292205_21353984.jpg

座席は3席3席で前席との間隔も狭いです。
a0292205_21354010.jpg

昨年末に乗ったタイガーエア(下の写真)と比べても若干狭いかな?
a0292205_21354043.jpg

台北は過去に2回訪れていますが、どちらも松山空港だったので、桃園空港は初めてでした。
桃園空港から市内へは、バスかタクシーまたは高鐵(新幹線)で。
私は国光客運の1819番バスに乗りましたが、MRTが開通したらより便利になりますね。
a0292205_21354114.jpg

今回1泊するホテルは、このバスの停留所が近くて便利だとのクチコミが多かった、緑峯大飯店(グリーンピークホテル)。
a0292205_21354221.jpg

a0292205_21354302.jpg

MRT雙連駅から10分程、國寶大飯店の裏側にあります。

今回の弾丸旅の目的は
「豆漿を食べること。」なので、
ホテルの近くに
「世界豆漿大王」
「世紀豆漿大王」
「士紀豆漿大王」
があるのも魅力でした。

でも一つだけ不満が…
写真にあるように、トイレットペーパーの位置が後ろにあるので、身体をうんと捻らないと紙が巻き取れない。😢

ここ数日、2年前に骨折した肋骨がとても痛むのです。
上半身を捻らずに済ませるために、あらかじめ紙を切り取っておくという準備が必要です。😭
[PR]
トラックバックURL : http://chungu.exblog.jp/tb/23652569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2017-02-16 23:12
こんばんは。
沖縄と台湾は地図で見ると本当に近いですね。
ここまで近いならフェリーがあれば、もっと行き来が活発になって面白いだろうなぁと思ってしまいます。

豆漿を召し上がられたのですね!
どのお店に行かれたのか、楽しみです!
Commented by chingu-amigo at 2017-02-18 09:34
fmbmrtjd-mmkkaiさん、こんにちは。
弾丸旅、疲れ切って戻って来ました。

そうですね、福岡⇆釜山みたいにフェリーがあったらいいなぁ。

豆漿食べて来ましたよ〜
でも油パンのせいか意外に胃もたれして、思ったほど食べ比べが出来ませんでしたね。
Commented by 小麦 at 2017-03-03 23:53 x
沖縄からは本土に来るより近い外国ですよね
何処かの島からフェリー出ていませんでしたっけ??
Commented by chingu-amigo at 2017-03-04 00:31
小麦さん。

台湾⇄沖縄諸島のフェリーは知りませんでした。
距離的には石垣島とか宮古島とかからでしょうかねぇ?

沖縄⇄台北間は、飛行機に乗ってる時間が1時間ですからね、近いです。

しかもLCCの登場で安く行けるようになって、帰りに乗ったタクシーの運転手さんは年に何度も往復してるって話していました。
by chingu-amigo | 2017-02-15 20:07 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)