セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

沖縄から台北へ 弾丸旅2017.2 ④

食べ疲れ、歩き疲れ、で少々バテました。
ホテルのチェックアウトは12時なので、少し部屋で休むことにします。


桃園空港からの国光客運はアンバサダーホテル前で止まりましたが、帰りの空港行きはこの停留所には止まらないそうです。
台北駅からの出発になると聞いて、とりあえず台北駅へ行くことに。
台北駅のバスターミナルも昨年10月末から変更になっており、東3門(機関車があるところ)の場所確認しつつ、手荷物をロッカーに預けました。
a0292205_09084282.jpg

この機関車の奥がチケット購入所と停留所になってます。

さぁ身軽になったし、お腹も少しこなれたようなのでMRTに乗って1駅、善導寺駅近くの阜杭豆漿へ行ってみましょう。
閉店時間に近いのでもう行列はないかな?と期待したのですが、残念!
やはり午前11時半でも皆さん並んでいらっしゃいました。
それでも前回来た時より行列は短く、階段下に近かったので注文まで30分でした。

前回訪ねた時にも感じたのですが、ここの店員さん殺気立ってます。
ひっきりなしにお客さんを相手にしているわけですから、きっと疲労困憊なのでしょう。
リズミカルに注文を聞きサクサク品物を用意する…

そんな流れの時に、言葉も分からない、モタモタしてリズムを乱す客はすごくやりづらいんだと思います。
必死で笑顔を作って見せても目が笑ってないので怖いです。
今回、鹹豆漿の他に薄焼餅と無糖の豆乳を注文したのですが、無糖の豆乳と聞いて店員さんの手と顏が固まりました。
「なんなんだよ〜」という表情と仕草をして、砂糖入りにしなさいと圧をかけられました。
それでも私が「ノンシュガーで」と伝えたら、もう私を無視したように次のお客さんの注文取りを始めたので、仕方なく「砂糖入りでいいです」と言うと、すぐさま用意してくれました。

前回は料金表が良く見えなくて代金の計算が出来なかったので、不足してはいけないと200元札を出したら、もっと小さい札にしてくれと面倒臭そうに突き返されました。
その時は90元ほどだったので、友達から100元札を借りて済ませましたが、今思えば、その時の店員さんは今日の店員さんと同じ人だったような?
a0292205_13593601.jpg

a0292205_13593731.jpg

a0292205_13593771.jpg

今日はフードコートの座席も混んでいました。

阜杭豆漿の鹹豆漿、美味しいです。
他の店よりダシが効いて、具沢山スープを飲んでいるようでした。
閉店間際までこれだけ混雑しているのは、ガイドブックなどによる宣伝効果もあるでしょうが、やはり味の良さが並んでも買いたいという気にさせるのだろうと思いました。

2年半前に飲んだことがある砂糖入り豆乳は、その当時はほんのりした甘さが優しい美味しさと感じましたが、糖質制限生活を続けて久しい今は、甘さがきつく感じられてほんの少ししか飲めませんでした。
これは私側の都合による感想なので、一般的にはきっと2年半前に感じたような感想が正しいのだろうと思います。
薄餅も結構ずっしりボリューミーだったので、熱々を少しかじっただけで持ち帰り、帰りの桃園空港で残りを食べました。






[PR]
トラックバックURL : http://chungu.exblog.jp/tb/23676816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小麦 at 2017-03-04 00:00 x
海外に行くと外国の人は甘いのが好きなんだな、と思いますね
何処に行っても砂糖多目な感じがします^^;
Commented by chingu-amigo at 2017-03-04 00:54
そうそう!

マレーシアでもブラックコーヒーを注文したら、店のおじさんに
「何故砂糖を入れないんだ?」
「砂糖を入れないと不味いだろう?」
と、何度も確認されました。

カンボジアの豆乳も激甘だったし。

アジアでは甘さが美味しさの基準になってるのかも知れません。
by chingu-amigo | 2017-02-19 14:39 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)