セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:海外旅行( 109 )

2017.10 済州島の旅 ③

とりあえず黒豚で空腹を満たし、お土産の買い物もさっくり済ませたので、ホテルに戻りちょっとお休み。

夕方になってから近くにある「ロッテ火釜サウナ」で2年ぶりにアカスリをしてもらい、チムチルバンでまったりしました。
入場料6000ウォン、
チムチルバン用館内着2000ウォン、
アカスリ30000ウォンでした。

ちなみに、レートは空港で10000円が98500ウォンだったので、ほぼ100ウォン=10円計算ですね。

サウナの後夕飯を食べる店を探したのですが、閉店ばかりで中々見つかりません。
困ったなぁ。
カップラーメンか?
と泣きそうになった時、ようやくチキン屋さんを発見!

ここで食べた「醤油チキン」が美味しかった。
ちょっと甘みもあって、歌舞伎揚っていうお煎餅に似た味。
ホントは辛い味の「ホットチキン」も食べたかったけど、一皿の量がとても多かったので諦めました。
a0292205_00353944.jpg

a0292205_00354178.jpg

さきほどガイドさんから
明日(10/3)の市内は、最後に帰省土産を買う韓国人で渋滞はするわ市場はごった返すわで大変だから、遠出して観光する方が良いとのアドバイスをいただいたので、明日は一日タクシーをチャーターすることにしました。
済州島の下側(南側)方面に向かう予定です。



[PR]
by chingu-amigo | 2017-10-09 00:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

2017.10 済州島の旅 ②

済州島1日め。
成田のマックで軽く朝ごはんを食べ、機内食を食べ、済州島に到着したのは12時半頃。
大韓航空718便の機内は割と空いていました。

現地係員と共に新羅免税店に寄った後ホテル(メゾングラッドホテル)へチェックイン。
久しぶりの大型ホテルに投宿で、ちょっとテンション上がりました。
a0292205_23081933.jpg
a0292205_23520343.jpg

a0292205_23520459.jpg

a0292205_23520725.jpg

部屋は新館の高層階で、セミダブルのベッドが2台。
広いし綺麗だし満足です。
新館の1階にはカジノもありました。

お腹も空いたので、荷物を置いたら早速街に出かけましょう。

済州島と言えば先ずは海産物。
他に黒豚・みかん・ピーナッツなどが名産です。
ホテルの裏手にある「オメフッテジ」という黒豚専門店でオーギョプサル(五枚肉)を食べました。
a0292205_23205127.jpg

a0292205_23205227.jpg
分厚い肉が焼けたところで、チョキチョキとハサミ✂️でカット。
韓国では肉も野菜も冷麺もみなハサミでチョキチョキ。
確かに合理的なんだけど、何回見てもちょっと抵抗があります。

鉄板の上の器には魚醤が入っていて、肉につけて付け合わせの野菜やらキムチやらを一緒にサンチュで巻いて食べます。
豚肉は皮つきのまま焼きますが、皮は硬いので切り落としてしまいます。
試しに齧ってみたのですが、美味しくなかったです。

食後は少し歩いてロッテマートというスーパーマーケットに行き、お土産の定番をいくつか買いました。

済州島に着いてガイドさんから聞かされて初めて知ったのですが、私たちが旅したこの時期は正にチュソク週間真っ只中。(10月4日がチュソク当日)
チュソクは例年9月中旬頃に当たることが多いので、すっかり失念していました。
チュソクとは日本のお盆のようなもので旧暦に拠ります。
一族がみな実家に集まり、先祖の供養をします。
その為、チュソク当日はほとんどのお店が一斉に休業してしまうのです。
通常のチュソク休暇は4日前後ですが、今年は曜日の関係でなんと10日間の長い休みになった人も多いそう。
お盆とゴールデンウィークが合体したような長期休暇なので、例年にも増して国民の大移動が起きているそうで、国内線のチケットが高騰してソウルから済州島までのチケットが10万円にもなっていると聞いて、びっくりでした。
だって、HISのこのツアー、3泊4日の基本コースなら29800円ですよ。




[PR]
by chingu-amigo | 2017-10-08 22:59 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

2017.10 済州島の旅 ①

2017.10.2から3泊4日で済州島に行って来ました。

当初、ひとり旅するつもりで計画をしていたのですが、計画を知ったママ友の1人に是非連れてって!と懇願され、ならばツアーの方が安いかなと調べた結果、HISのフリーツアーに決めました。

エアーと3泊のホテルと往復の送迎がついて、なんと29800円!という破格のツアーです。
ホテルのグレードアップ料金16000円を足して、空港使用料など諸経費を入れてしめて50730円!
個人で行くより相当安いと思います。

エアーは大韓航空の直行便で
往路は成田9:45発、復路は済州島18:00発と滞在時間も充分です。
ホテルは、済州市の新市街にある「メゾン グラッドホテル」
10月の宿泊者には新館デラックスルームへのアップグレードと、ビアガーデンで生ビールとフライドチキンセットのサービスつきというオマケもついてました。
a0292205_23581437.jpg

a0292205_23581519.jpg

アラウンド還暦の女子2人旅。
膝が…腰が…
と日々の体調に不安があるお年頃ゆえ、敢えて、観光も食事も決めずにザックリいくことに。

でも…
それが結果オーライ。
ゆったり楽しい四日間を過ごすことが出来ました。



[PR]
by chingu-amigo | 2017-10-06 23:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年4月3日から十数年ぶりにハワイへ行って来ます。

沖縄滞在中に弾丸旅をした台北のホテルで肋骨骨折して以来、痛みもそうですが胃腸の具合も良くなくて体調不良の日々を過ごしています。

そんなわけで、久しぶりのハワイ旅が近づいているというのに、イマイチ気乗りがせず、わくわくドキドキもなけりゃ、あそこへ行こう!あれを食べよう!とリサーチする気力も起こりません。

これじゃ、ホテルでごろごろして終わりかな?と落ち込む気持ちを無理矢理奮い立たせて、一日中雨降りでウチにお籠りの今日、ガイドブックを広げてみました。
a0292205_16115377.jpg

ハワイの綺麗な景色や色鮮やかで美味しそうな食べ物の写真を見ているうちに、徐々にテンションが上向いて来ました!

次男が小学生だった頃は頻繁に通ったハワイも、その後ママ友と2度ほど出かけた十数年前が最後ですから、ワイキキも随分変わったことでしょう。

昨年11月1日にあまりの旅費の安さにびっくりした勢いでポチッと申し込んでしまったツアーは、ハイアットリージェンシーホテルのリニューアル記念の特別価格(ビジネスクラス利用・5泊7日・トロリーバス全日無料チケット付)で179800円と破格でした。

この時はまだ「シェムリアップ・マラッカ・ペナンの旅」の前で、海外旅行への意欲も衰えを知らない時期でしたから、「12月の高雄」や「1月2月の沖縄」に続いて「4月の久しぶりハワイ」をとてもわくわくして決めたのです。

昨年11月の「シェムリアップ・マラッカ…の旅」では、旅先で風邪からくる身体の不調だけでなく精神的にもひどく落ち込んでしまい、「もう二度と海外旅行はしたくない!」とまで思いつめてしまいました。
(その結果、なんとかシェムリアップの記録はアップ出来たものの、続くマラッカやペナン島での旅記録は未だ書けないままです)

そんな落ち込みも12月の高雄で少し元気になり、沖縄でまったり満足なロングステイをしたものの再び台北で撃沈。
ここ数年、旅先で風邪をひいたり転んで怪我をしたり、骨折したり(2回も!)…と、「元気で行って元気で帰ること」という私の旅の最低限の目標さえ達せないことが増えました。
加齢もあるでしょうが、自分が思う程自分の体力が追いついていないという現実を受け入れられないからかも知れませんね。

…とまぁ、愚痴や言い訳をあれこれ呟きつつ、とりあえずESTA申請を済ませました。

さて、十数年ぶりのハワイの旅はどうなるのでしょう?
今度こそ「元気で行って元気で帰る!」を実践したいと思ってます。

[PR]
by chingu-amigo | 2017-03-21 15:51 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)
食べ疲れ、歩き疲れ、で少々バテました。
ホテルのチェックアウトは12時なので、少し部屋で休むことにします。


桃園空港からの国光客運はアンバサダーホテル前で止まりましたが、帰りの空港行きはこの停留所には止まらないそうです。
台北駅からの出発になると聞いて、とりあえず台北駅へ行くことに。
台北駅のバスターミナルも昨年10月末から変更になっており、東3門(機関車があるところ)の場所確認しつつ、手荷物をロッカーに預けました。
a0292205_09084282.jpg

この機関車の奥がチケット購入所と停留所になってます。

さぁ身軽になったし、お腹も少しこなれたようなのでMRTに乗って1駅、善導寺駅近くの阜杭豆漿へ行ってみましょう。
閉店時間に近いのでもう行列はないかな?と期待したのですが、残念!
やはり午前11時半でも皆さん並んでいらっしゃいました。
それでも前回来た時より行列は短く、階段下に近かったので注文まで30分でした。

前回訪ねた時にも感じたのですが、ここの店員さん殺気立ってます。
ひっきりなしにお客さんを相手にしているわけですから、きっと疲労困憊なのでしょう。
リズミカルに注文を聞きサクサク品物を用意する…

そんな流れの時に、言葉も分からない、モタモタしてリズムを乱す客はすごくやりづらいんだと思います。
必死で笑顔を作って見せても目が笑ってないので怖いです。
今回、鹹豆漿の他に薄焼餅と無糖の豆乳を注文したのですが、無糖の豆乳と聞いて店員さんの手と顏が固まりました。
「なんなんだよ〜」という表情と仕草をして、砂糖入りにしなさいと圧をかけられました。
それでも私が「ノンシュガーで」と伝えたら、もう私を無視したように次のお客さんの注文取りを始めたので、仕方なく「砂糖入りでいいです」と言うと、すぐさま用意してくれました。

前回は料金表が良く見えなくて代金の計算が出来なかったので、不足してはいけないと200元札を出したら、もっと小さい札にしてくれと面倒臭そうに突き返されました。
その時は90元ほどだったので、友達から100元札を借りて済ませましたが、今思えば、その時の店員さんは今日の店員さんと同じ人だったような?
a0292205_13593601.jpg

a0292205_13593731.jpg

a0292205_13593771.jpg

今日はフードコートの座席も混んでいました。

阜杭豆漿の鹹豆漿、美味しいです。
他の店よりダシが効いて、具沢山スープを飲んでいるようでした。
閉店間際までこれだけ混雑しているのは、ガイドブックなどによる宣伝効果もあるでしょうが、やはり味の良さが並んでも買いたいという気にさせるのだろうと思いました。

2年半前に飲んだことがある砂糖入り豆乳は、その当時はほんのりした甘さが優しい美味しさと感じましたが、糖質制限生活を続けて久しい今は、甘さがきつく感じられてほんの少ししか飲めませんでした。
これは私側の都合による感想なので、一般的にはきっと2年半前に感じたような感想が正しいのだろうと思います。
薄餅も結構ずっしりボリューミーだったので、熱々を少しかじっただけで持ち帰り、帰りの桃園空港で残りを食べました。






[PR]
by chingu-amigo | 2017-02-19 14:39 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
台北2日目。
昨夜は早く寝たので今朝は早朝目覚めました。

そして…
夜中に確信しました。
多分私、肋骨骨折してます。
2年前に立て続けに2本肋骨骨折をしたのですが、この痛みは間違いなくその時と同じ痛みです。
昨夜は発熱もしたようで、酷い寒気と大汗に見舞われました。
体調は最悪。
でも、ただ歩く分には痛みはそれほど感じないので、予定通り鹹豆漿を食べに出かけましょう。

先ずはMRT雙蓮駅近くの「世紀豆漿大王」
a0292205_14385317.jpg

ここの鹹豆漿は店員さんがあらかじめラー油をかけてくれました。
ネギの風味が強いです。25元。
a0292205_14385390.jpg

この時点で午前6時45分。
テイクアウトのお客さんもいましたが、イートインコーナーは空いてるし、注文に並ぶことはありませんでした。

続けて民生西路を西へ進むと「士紀豆漿大王」に到着。
午前7時。こちらもスムーズに入れました。
a0292205_14385472.jpg

a0292205_14385524.jpg

こちらの鹹豆漿は、酸味がやや強い印象でした。25元。

この後、実はホテル近くの「永和豆漿大王」にも寄るつもりだったのですが、やや胃もたれした感があるので、マックでコーヒーブレイクした後ホテルに戻りました。

ホテルの朝食は
①和食
②洋食(コーヒーつき)
③お粥
の中から選べたので、私はパンとジュースなしの②を選択しました。
こちらは…
まあ…こんなもんでしょう。
a0292205_14385585.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2017-02-18 11:54 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
桃園空港から國光客運1819に乗って、アンバサダーホテル前で下車。
道を渡ってアンバサダーホテルの脇の道を入り、最初のコンビニの角を左に行き更に右へ行くとホテルに到着。
チェックインの時間にはまだ早いので、ホテルの場所だけ確認したらまず世界豆漿大王に向かいます。
世界豆漿大王は、先ほど通ったアンバサダーホテルのちょうど裏側、中安公園という小さな公園の並びにあります。

a0292205_11313416.jpg

前回の台北旅で食べた「阜杭豆漿」の豆漿と薄餅が忘れられなくて今回の旅を決めたので、当然長蛇の列を覚悟していたのですが、到着した時間(午前11時過ぎ)にもよるのか、あっさり入店出来てびっくりしました。

a0292205_11313574.jpg

今回はいくつか店を回って、鹹豆漿の食べ比べをしたかったので、注文は原則鹹豆漿のみ。
ここは小籠包も美味しいらしいです。

初鹹豆漿は、はっきり言って美味しかったです。
やや酸味がありますが、強くはないので気にならない。
中身がイマイチ分からなかったのですが、沢庵みたいな歯ざわりの具が、食感にアクセントをつけてあっという間に完食でした。

ちょっと暑くなったので冷豆漿を追加注文。
日本でよく飲んでいる豆乳より滑らかな舌触りでスッキリ飲めます。
a0292205_11313684.jpg

続いてぐるっと一回りご近所探索をした後ホテルにチェックイン。
a0292205_11532875.jpg

身軽になって更に歩いてみます。
MRT雙蓮駅近くには「世紀豆漿大王」や「士紀豆漿大王」を見つけました。
豆漿屋さんは早朝からお昼頃までの営業が多いので、今日はもう閉店しています。
明日行ってみましょう。

民生西路から寧夏路に入る辺りは夕刻から寧夏夜市になります。

更に歩き迪化街まで。
この辺りはカラスミ屋さんとか乾物屋さんとかカフェが多く、街並みが昔っぽいので人気があるエリアだそうです。
a0292205_11313659.jpg

a0292205_11313757.jpg

今回は旅先からの弾丸旅ゆえ、お土産は買わないと決めていたのでさっくり通り過ぎました。
永楽市場の中にマニキュアさんを見つけたので、やってもらいたかったけど待ちのお客さんもいたので諦めました。

さてホテルに戻りましょう。
まだ時間が早くて屋台もお客さんも少ない寧夏夜市。
a0292205_11313842.jpg

開店準備中の屋台が多い中で、唯一お客さんが行列している店を発見!
a0292205_11313907.jpg

a0292205_11313975.jpg

このグレーの塊と奥の艶々オレンジ色の丸い玉は何でしょう?
よく分からないながらもとりあえず並び、買ってみました。
a0292205_11314077.jpg

艶々オレンジは卵黄でした。
蛋黄芋餅といい、卵黄と横にある肉でんぶをグレーのタロイモで包んで揚げたスィーツです。
熱々を頬張れば、甘じょっぱさが口いっぱいに広がって美味しい。
長蛇の列も納得です。
もっと食べたいところですが、糖質制限中の私には二個が限度ですね。

ホテル近くに自助餐の店を見つけていたので、帰りがけにお弁当を買いました。
今夜の夕飯はこれで済ませます。
a0292205_11314177.jpg

実はここ数日肩甲骨辺りが度々痛んでいたのですが、台北に来てから益々痛みが激しくなりました。
更に朝の空港で冷えたからか、熱っぽいようで疲労感満載。
体調がイマイチなのです。

[PR]
by chingu-amigo | 2017-02-18 09:38 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)
沖縄と台湾はとても近い位置にあります。
飛行時間は1.5時間弱。
東京に帰るより近いのです。

そんな位置関係を知ったら、こりゃ行くっきゃない!と、LCC体験第3段、ピーチアビエーションを利用して台北までひとっ飛び〜
o(^▽^)o🤗
a0292205_21353780.jpg

那覇空港のLCCターミナルへは、空港の専用シャトルバスに乗ります。
到着して…正直…愕然としました。
これまでの空港ターミナルビルのイメージがガラガラと崩れました。
そこは…
あまりに簡素。
プレハブ造りの倉庫という印象でした。
a0292205_21353815.jpg

チェックインコーナー前のイスは、剥げた木製ベンチでした。
暖房もないので、待っている間身体が心底冷えました。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

もちろんラウンジもありません。

出国審査後は、待合椅子こそベンチより格上げされてましたが、小さな売店と自販機のみ。
自販機で買った缶コーヒーで暖をとり、搭乗を待ちました。❄️

普通のエアラインだと、遅れて来るお客さんを待って出発時刻を遅らせることもありますが、LCCは時間厳守。
サッサと締め切ってしまうので、時間に厳しい日本人的にはその潔さに好感が持てます。
出発時刻ぴったりにはもう最終滑走路上にいて、予定時刻の15分前には台北桃園空港に到着してました。
a0292205_21353984.jpg

座席は3席3席で前席との間隔も狭いです。
a0292205_21354010.jpg

昨年末に乗ったタイガーエア(下の写真)と比べても若干狭いかな?
a0292205_21354043.jpg

台北は過去に2回訪れていますが、どちらも松山空港だったので、桃園空港は初めてでした。
桃園空港から市内へは、バスかタクシーまたは高鐵(新幹線)で。
私は国光客運の1819番バスに乗りましたが、MRTが開通したらより便利になりますね。
a0292205_21354114.jpg

今回1泊するホテルは、このバスの停留所が近くて便利だとのクチコミが多かった、緑峯大飯店(グリーンピークホテル)。
a0292205_21354221.jpg

a0292205_21354302.jpg

MRT雙連駅から10分程、國寶大飯店の裏側にあります。

今回の弾丸旅の目的は
「豆漿を食べること。」なので、
ホテルの近くに
「世界豆漿大王」
「世紀豆漿大王」
「士紀豆漿大王」
があるのも魅力でした。

でも一つだけ不満が…
写真にあるように、トイレットペーパーの位置が後ろにあるので、身体をうんと捻らないと紙が巻き取れない。😢

ここ数日、2年前に骨折した肋骨がとても痛むのです。
上半身を捻らずに済ませるために、あらかじめ紙を切り取っておくという準備が必要です。😭
[PR]
by chingu-amigo | 2017-02-15 20:07 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

パスポートの更新

先日パスポートの更新をしました。

まだ後一年残期間があったのですが、4月にハワイへ行くことになり、ESTA取得の有効期限を考えて早めに更新することにしたのです。

ところでパスポートの写真って、イマイチ気に入らないことってありません?
10年間、旅行に行く度にブッサイクな写真や犯人顔の写真を他人に見せるのって、気が重い。

私は更新の度にパスポート申請窓口近くにある簡易写真屋さんで写真を撮って貰っているのですが、同じ店でも担当する人によって対応が違うのか…
椅子に座ってハイッ パチリ!
身支度や心の準備もないままにアレヨアレヨ…と言う間に撮られ、挙句に本人の確認了承もないままに写真にしてしまうってことが多かったのです。

友人に聴くと、同じ店でも人によっては
「ちゃんと出来上がりをチェックしたよ」
「白い板を使って撮ってくれたよ」
…という声もあり……020.gif

で、今回は同じ申請窓口近くの別の写真屋さんへ行き、「撮った後チェックしたい」とあらかじめ伝えました。

ここではなるほど聴いていた話の通り、白いボードを持たされ、「笑顔でお願いします」と声をかけられ…
にっこり。003.gif
(但し、歯を見せてはいけないらしい)

結果、2カットを見せてもらい良い方の写真を選ぶことが出来ました。

お陰様で、9年前のブスッとした顔とは打って変わり、にこやかな顔写真のパスポートになりました。

こうして写真を見てみると、9年前と比べて確かに年老いてシワも増えたけれど、表情が変わるだけでこんなに印象が違うんだ〜と、改めて実感しました。

[PR]
by chingu-amigo | 2017-01-27 11:36 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
シェムリアップ4日目。チェックアウトです。
今日はこれから朝8:35発のエアアジアでクアラルンプールへ一旦戻り、バスでマラッカへ向かう予定です。

前日、フロントの兄さんに朝6時にチェックアウトする旨を伝え、空港までのトゥクトゥクを予約してもらっているはずだったのですが、時間になってもフロントは真っ暗。
スタッフもいません。
外にトゥクトゥクの姿もなく、なんか…いやな予感…

しばらく待って、ようやく現れたスタッフに尋ねたら、トゥクトゥクの予約がされていないことが判明!
まったく…(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
来た時だけでなく帰りまでも私の送迎予約を忘れるなんて!😤💢
最後までやらかしてくれるVIVA HOTELです。

急いで提携しているトゥクトゥク屋さんを呼び出してもらい、さあ空港まで急ぎましょう。
a0292205_01264625.jpg

初トゥクトゥクは乗り心地良かったです。
風も気持ちいいし、ガタンゴトン揺れるのも面白い。
あんまり楽しくて、朝のイライラもどこかへ消えてしまいました。
a0292205_01264617.jpg

もっと乗っていたかったけど残念。
空港到着です。
これで5$。
早朝に電話で叩き起こされ急がされた運転手さん、ごめんね。ご苦労様でした。

写真に写っている私のピンクのスーツケース。
端っこに何やら薄茶色のものが貼りついているでしょう?
これ、湿布薬なんです。
何故って?
羽田で預けた荷物をカンボジアで受け取った時、なんと角が割れていたのです。
お気に入りだったのにぃ….°(ಗдಗ。)°.

前にエアアジアに乗った時、いつもの通りフラジャイル扱いにしてもらったのですが、エアアジアの粗悪なテープでスーツケースをグルグル巻きにされて剥がすのに苦労した経験があったので、今回はフラジャイルにしなかったのがいけなかったのでしょうか?
10㎝程の亀裂なので、今すぐ使用に耐えられない訳ではないのですが、多少は補強になるかと考えて、持参していた腰痛用の湿布薬を貼ったのですが、クアラルンプールでピックアップした時にはすっかり剥がれて行方不明になってました。(意味な〜い!)
a0292205_01543196.jpg

シェムリアップ空港のラウンジで朝ご飯。
広くて綺麗でしたが、お客さんがいなさ過ぎて却って落ち着かなかった。
a0292205_01543235.jpg

a0292205_01543315.jpg

a0292205_01543303.jpg

ちなみに、羽田で預けた時のスーツケースの重量は12kgでしたが、シェムリアップを出る時には14kgになってました。
帰国の際には何kgになっているでしょうか?
[PR]
by chingu-amigo | 2017-01-12 00:36 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)