セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー

<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今度は名古屋

先週広島へのひとり旅を済ませたばかりではあるが、勢いづいて今度は12月13日から1泊で名古屋へ行くことにした。

『モヤさま』で紹介していた犬山城は、城好きの長男からも行く価値ありとお墨付きをもらっていたので、広島城でコケた分是非年内に見て口直しをしておきたいと気が急いた結果である。

名古屋城は現在一部改築中だが、昔ながらの工法での築城を現場見学させてくれるという情報もあったので、犬山城・名古屋城・岐阜城・岡崎城と近隣の城をまとめて見学してこようと思う。

私は歴史は苦手だし、時代物は本もドラマも避けて通る方。
その城がいつの時代に誰が造って勢力争いでどうなった?…というようなウンチクは正直どうでもいい。武将にも関心はない。

だけど、なんだかここ数年お城がとても見たい。
お城の写真集なら飽きずに見ていられる。

ただ絵として姿の美しさや累々と続いて来た年月の重みなどに魅かれるのかも知れない。
こういうのって、郷愁とか日本人としての魂への回帰っていうことなのかなぁ。
これも年をとったせいなのだろうか…

ともあれ名古屋名物味噌カツひつまぶしあんこトーストも是非とも食べてこようと思う。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-29 17:34 | 国内旅行 | Trackback | Comments(7)
a0292205_244866.jpga0292205_2455313.jpga0292205_2461661.jpg
忘れてました。

宮島で撮った紅葉写真。

盛りの時期は過ぎていてかなり葉っぱが落ちていたけど、なんとか見つくろって激写です。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-23 02:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
呉駅からは快速で広島駅へ戻ったところ、新幹線の時間までまだ1時間半ほど残っていたので、ずっと気になっていた川沿いのオープンカフェ『43』という店へ。

広島駅から徒歩7分、京橋川沿いにあるホテルフレックスの1階にあるここは『バンガレット』というオリジナルパンケーキのお店。

a0292205_225360.jpgバンガレットとは普通のパンケーキより生地がうんと密でしっとりしている。
トッピングの種類は色々あるが、店員さんのお勧めは基本版のブラウンシュガーとのことなのでそれとカモミールミルクのセットを注文した。

バターとメープルシロップをたっぷりかけたらものすごーく甘くて、舌も心もとろけそう。
カモミールミルクはホットミルクの中にカモミールの茶葉が入っていてホッコリと落ち着く味。

テラス席でゆったり流れる川面を見ながらのお茶は心が和むね。

広島は川の街。
賑やかなのに五月蝿くない…
生活しやすそうで私とっても気に入った。
住んでみようかな?って思うほど。

今回の2泊3日の旅、とても楽しかった。
好天に恵まれ、行く先々で親切をいただいた。
ひとり旅の楽しさを満喫出来たと思う。
旅費33100円、観光食事お土産その他で19786円、合計52886円の旅でした。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-22 14:51 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
『大和ミュージアム』『てつのくじら館』を見学したあと、バスに乗ってアレイからすこじまへ行った。

a0292205_1472119.jpgここは海上自衛隊の潜水艦が停泊しており、実物を間近に見られるとガイドブックにあったので寄ってみたのだが、海自の管理地内は入れないため岸壁から見るだけ。
望遠で一応写真は撮ったけど、わざわざ行くほどでもなかったような…

とんぼ返りで呉駅へ戻り、駅前の阪急ホテル1階にある『イルマーレ』というレストランへ。
ここでは海軍カレーでランチ。
野菜がゴロゴロ、甘口で家庭のお子様向けみたいなカレーだった。

この後まだ食べたいものがあるので、ご飯は半分残してごちそうさま。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-22 12:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

広島・宮島旅行 ⑱ 呉

広島3日目。
今日は呉へ行って見ようと思う。
帰りは15:47分発ののぞみ132号なので充分な時間がある。
昨日のお好み焼きが響いていてあまり食欲がないので、朝食抜きのままホテルをチェックアウトしバスで広島駅へ。
a0292205_1171586.jpg荷物をコインロッカーに入れてJR呉線に乗る。
呉はかつて軍港として栄え、戦艦大和をはじめ数多くの軍艦を送りだした街だ。
そのJR呉駅から直結通路を5分くらい歩くと『大和ミュージアム』がある。
ここには大和の10分の1模型や零戦が展示されていた。
大和の生き残り乗組員が語った当時の様子や、戦死した乗組員の遺族の方々の想いが語られたビデオ上映などもあり胸が痛い。入館料500円。

大和ミュージアムの隣には『てつのくじら館』がある。
ここには本物の潜水艦『あきしお』が展示されており、内部の見学が出来る。a0292205_1293860.jpg
船内は通路も狭く、乗組員のベッドは三段式で驚くほど小さい。
閉所恐怖症の私は、ほんの少し見て回っただけなのに息苦しくて早々に退出。

無理。私には絶対無理。
絶対潜水艦の乗組員にはなれない。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-22 10:00 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
広島2日めの夕食は再びお好み焼き。a0292205_0394152.jpg

今回は焼そば入りに挑戦だ。

八丁堀から徒歩5分にある『みっちゃん 総本店』はなんと、広島風お好み焼きの発祥店だそう。

ここも地元客で満席。
a0292205_0552694.jpg私はカウンターに案内されたので、お好み焼き作製手順をしっかと見た。
①薄く溶いた小麦粉を鉄板の上に薄く丸く敷く。
②キャベツ、モヤシ、天かす、鰹節をドカッと乗せ、豚の三枚肉を3枚かぶせる。
③トッピングでエビ、イカなども乗せる。
…ここまでは下地のおじさん担当。
モノが隣のお兄さんの前に移動して
④そばをほぐしながら焼く
⑤皮とキャベツ等の塊をエイヤッ!とひっくり返す。
⑥ひっくり返して少し火を通した後そばの上に乗せる。
…ここから三番目の兄さんへ引き継ぐ。
⑦焼き加減を確認した後、サッサと包丁で切れ目を入れ、ソースと青のりをかけて皿に盛る

私が注文したのは生エビ入りそば。やはりそばが入るとかなりヘビー。
フーフー言いながらようやく完食。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-21 19:34 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
広島の土産物の定番といえばモミジ饅頭a0292205_023713.jpg
ここ宮島はモミジ饅頭の発祥の地なんだって。
どおりで表参道商店街にはモミジ饅頭が溢れていたわけだ。

定番のこしあんの外、チーズやクリーム、チョコ、ゴマ、栗などたくさんの種類があるモミジ饅頭。
手ごろな大きさと手ごろな値段のせいでつい、あちこちの店で立ち食いして味比べ。

『モンブラン味』『焼き芋味』の文字に吸い寄せられて寄った店では、焼きたてのモンブランをいただいた。
熱っ!熱っ!ホフホフ…
美味しい!すんごく美味しい!
お茶もいただいてあっという間に完食。a0292205_0291383.jpg

割り箸に刺さった『揚げモミジ』
あんこ、クリーム、チーズの3種類がある。
私はあんこをチョイス。

これはまたこれで変わり種としては面白い。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-21 14:15 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
a0292205_065119.jpgアナゴ飯のランチのあと、表参道をちょっとぶらぶらして『ホテル銀水館』で立ち寄り湯を。
潮湯温泉の名のとおり、お湯を舐めてみたらしょっぱかった。
ちょうど宿泊客の合間の時間帯だったせいか、入浴客は私ひとり。
大きなお風呂を独占させていただきました。

2種類あったボディソープ。a0292205_0125216.jpg
加齢臭の文字に思わず引きつけられこのソープを使っちゃいました。

悲しいかな、そういうことが気になるお年頃です。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-21 13:01 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
宮島桟橋から厳島神社へ通じる道の一本裏側の道は表参道といい、たくさんのお土産物屋さんや食堂が立ち並ぶ。

a0292205_23593495.jpgその表参道の入口にある『お食事処 梅山』
ランチは名物のアナゴ飯をいただく。
ガイドブックにあったカラー写真のアナゴ飯の中で一番美味しそうに写っていたのがここのアナゴ飯だったのよ。
2匹分のアナゴがお椀にびっしり。甘いタレも美味しい。
お吸い物と香のものがついて1580円。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-21 12:50 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
a0292205_2343253.jpg日本三景のひとつであり世界文化遺産でもある厳島神社。

推古元年(593)に佐伯鞍職が創建し、仁安3年(1168)に平清盛によって現在の形に造営された。

元々神の島と崇められてきた宮島(伊都岐島)なので、陸地に社殿を建てるのは恐れ多いということで海に建てられたそうな。
[PR]
by chingu-amigo | 2012-11-21 11:36 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)