セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2016.11.16
羽田を前夜出発したエアアジア機は早朝クアラルンプールに到着しました。
空港内でほぼ7時間、次のシェムリアップ行きに搭乗するまでの時間を過ごします。
長い。長過ぎる。
でも一旦入国して空港の外に出ても慌ただしいだけなので、ラウンジをハシゴして読書で時間を潰しました。

KULからREPまでの飛行時間は2時間。
時差が1時間あるので、13:20に乗って到着は14:20でした。
a0292205_14331663.jpg

シェムリアップ空港は国際空港だけどとても小さな空港で、飛行機を降りてほんの少し歩いて建物内に入ります。
雨だったら濡れるなぁ。

agodaでホテルを予約した時に、ホテルにお迎えを依頼していたので、空港を出た先にたくさんのお迎え係が見えた時、「絶対この中に私を待っている人がいる!」と信じていたのですが、どこをどう探しても見当たらず、次々マッチングしてその場を離れていくカップル?達を見送り私の不安はマックスに。
「なんで? 初めて来たカンボジアで私だけこんな目に遭うの?」と、泣きそうになりましたが、まぁ、仕方ない。
これだけ探して会えなかったんだから、万一行き違いがあっても私は悪くない!と、気持ちを入れ替えてタクシーでホテルに行くことにしました。

タクシーの運ちゃんは、どこから来たの?観光したいところあったらタクシーチャーター出来るよ。安くしとくよ。…と熱心に営業してました。
私は「明日のツアーがハードだから何とも言えないけど、元気だったら明後日の観光をお願いするかも知れないから連絡先を教えて」と、電話番号のメモをもらっておきました。
a0292205_14331668.jpg

VIVA HOTELに到着。空港からの料金は一律で7US$です。
カンボジアにはリエルという通貨がありますが、国民に信頼されていないらしくてUS$の方が幅をきかせています。
飲食店でもオールドマーケットでもみんなUS$です。(但しお札だけ。硬貨は不可)
お釣りにリエルが返ってくるくらいでしょうか。
1US$=4000リエルの計算でした。
a0292205_14331701.jpg

ホテルはエレベーターなしの3階建。
部屋番号が204だったので、2階で良かったぁ…と喜んだら、1階部分はグランドフロアでレストラン。
1階が2階で、2階が3階で…ややこしい。
つまり、204号室は3階建の3階部分でした。故に…スーツケースを抱えてふうふう言って上りましたとさ。
a0292205_14331864.jpg

お部屋は一応デラックスタイプ。
広いです。
窓はありましたが、何故か鍵が変に引っかかって開きません。
開けても眺望はないので、あくまで明かり取りですね。
セキュリティボックスはよく見る金庫ではなくて木製の単なる箱(?)。
しかも鍵がドアの鍵とセットでくっついているので、外出時にフロントに預けたら…ダメじゃん。
よって、貴重品類は鍵をかけたスーツケース内に納めました。
ドアの鍵も、もちろんオートロックではないので、在室中でもちゃんと中から鍵をかけないとドアは開いたままになります。
「ここはアジア。ここはカンボジア。」と念じて、郷にいれば郷に従うことに。

ホテルで少し休んだ後は近くを歩いてみましょう。
[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-25 13:33 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)
旅の記録が前後してしまいましたが、2016.11にカンボジアとマレーシアに行ってきました。
コースはこんな感じ。

2016.11.15 羽田→クアラルンプール(KUL)
2016.11.16 KUL→シェムリアップ(REP)
2016.11.19 REP→KUL→マラッカ
2016.11.21 マラッカ→KUL→ペナン(PEN)
2016.11.25 PEN→KUL→羽田
a0292205_12235784.jpg

航空会社は全てエアアジア。
今年3月に初乗りして、その安さと快適さに惹かれました。
往きの羽田からREPまでと帰りのPENから羽田までは、通しのチケットを買ったので、KULで荷物のピックアップはありません。
多少割高ですが、遅延にも対応してくれるので便利です。

ホテルはagodaとHotels.comで予約。
REP→VIVA HOTEL 3泊
市内中心部のオールドマーケットの斜め前という立地と、併設のメキシカンレストランが美味しいとのクチコミで決めました。
a0292205_12235887.jpg

マラッカ→Hotel Puri Meraka 2泊
立地とヘリテージホテルの中ではお手軽価格だったのが理由。
a0292205_12235999.jpg

PEN→Cintra Heritage House 2泊
チョン・ファッツィ・ザ ブルーマンション 2泊
同じ街に滞在する時は基本連泊するのですが、旅の目的の一つであるブルーマンションに4泊するのは料金的に痛いので、前半に手頃な料金のCintra Heritage Houseを選択しました。
結果的にはこのホテル、気に入りました。
a0292205_12235930.jpg

a0292205_12240003.jpg

各街での行動は、全て行き当たりばったりの勝手気まま旅。
唯一REPでは
アンコールワット等の遺跡巡りの1日ツアーを出発前にネット予約しました。
VELTRAというツアーサイトで、1人参加でも割増料金がかからないツアー(朝日&夕日&アプサラショーつき1日アンコール観光)を選びました。長時間なので疲れましたが、効率良く観光が出来たと思っています。

海外旅行保険。
短期間の旅だとクレジットカード付帯保険で間に合わせてきたのですが、一昨年フィリピンに滞在したとき転んで膝に怪我をして、帰国後もかなり長く治療が必要な状態になったこともあり、足元の悪い遺跡巡りでは絶対危険だから…と息子に強く言われ、損保ジャパンの「新・海外旅行保険 off!」に加入。
結果的にはお世話にならずに済みましたが。

エアやホテルの予約は今年7月にほぼ済ませていて、現地の情報収集や観光先の目処など検討する時間がたっぷりあったにも関わらず、結果的にはほとんどリサーチが出来ないままに出発してしまったので、現地について「さてどうする?」と途方にくれることが度々だったのが、今もものすご〜く反省するところです。

準備の状況はこんな感じ。


[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-23 11:01 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
高雄の旅4日目の夜。
もうラストナイトになってしまいました。

明日は高雄空港を8:45発の飛行機なので、早朝にホテルをチェックアウトしなければなりません。
フロントで5:00にモーニングコール、6:20にタクシーをお願いして、ホテルの周りを少し散策しました。

地下鉄駅までの道や夜市の通りは何度も往復していましたが、ホテルの裏側方面を歩くのは初めてです。

ごく近くにコインランドリーやお弁当屋さんをみつけたり、通りの反対側にはスーパーマーケットもありました。
夜道でもまだ早い時間帯だしひと通りも多いので、全く怖さは感じませんでした。

スーパーマーケットでお土産用にお茶やインスタントラーメンを買い、夕飯は若者が並んでいたチキンのお弁当屋さんで排骨弁当を調達しました。
a0292205_01210013.jpg

更に歩くと豆花のお店を発見!
私台湾は3回目ですけど、まだ豆花は食べた事なかったんです。
a0292205_01210055.jpg

紅豆の豆花はほんのり甘くて美味しかったです。

ぐるっと回って六合夜市の通りに出ました。
昨夜食べたイカ焼き
a0292205_01210137.jpg

エビのチーズ巻きフライも美味しかったなぁ。
a0292205_01210292.jpg

海鮮タンメン。下の方に苦手な牡蠣がいっぱい入ってました。
a0292205_01210215.jpg

名残惜しいけど、もうすぐ高雄とはお別れです。
当初、台湾の最南端にあるリゾート懇丁にも行きたかったのですが、台中・台南をそれぞれ1日かけてゆっくり回ることにしたので、今回は残念ながら諦めました。

1箇所ぐらい行きたい場所を残しておくのもいいかも知れません。
また来ようと次への期待も膨らみます。
両替した台湾ドルも若干余っていることだし、時期を見てまた是非訪ねたいと思いました。
[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-19 00:35 | 海外旅行 | Trackback | Comments(7)
そろそろお腹が空きました。
a0292205_00092209.jpg

林百貨店の近くに担仔麺で有名な「度小月」があったので行ってみました。
昼時を過ぎた時間なのに、店の前にはたくさんの入店待ちのお客さんがいたので、サッサと見切りをつけて近くの名もなき食堂でワンタンスープを食べました。
a0292205_00092391.jpg

ワンタンがすごく美味しかった。
スープはやや薄味だったので、勝手に醤油やお酢を足して調整してみました。
多分それぞれがそうやって自分好みの味を作るための薄味なのでしょう。

身体も温まったし、もう少し歩きましょうか。
友愛路から南門路に出て少し進むと「台南孔子廟」があります。
この孔子廟が、数ある台湾の孔子廟の中で最古のものだそうです。
a0292205_00092408.jpg

a0292205_00092536.jpg

孔子廟から更に南へ歩くと「南大門」がありました。
周りが公園になっていて、ベンチでちょっと休憩…が出来ます。
a0292205_00092588.jpg

そういえば、こうした公園や道端でおじさんたちが、トランプや将棋のようなボードゲームをしているのをよく見かけます。
周りにはゲームの流れを眺める人もいて。
仕事をリタイアした方々なのでしょうか。

台中駅に戻るために乗ったバス。
フロントガラス周りにはぬいぐるみがいっぱい。
a0292205_00092695.jpg

車内を見れば、前から後ろまでびっしりぬいぐるみが飾られています。
ファンシーグッズ好きな運転手さんなのでしょうか?
a0292205_00092754.jpg

台南からの帰りは予定通りに自強号に乗ります。
自強号は全席指定車と思っていたので席確保の為窓口に並び、支払いは悠悠カードでと伝えると、何故か「必要ない。そのまま改札口を通ればいい」と言われました。
後で検札が来た時に差額を支払えばいいのかしらと考えて、空いた席に座り車掌さんを待ったのですが、結局検札はないまま高雄駅に到着してしまいました。
高雄駅で悠遊カードをタッチしたら結局61$しか引かれておらず、特急なのに普通列車と同じ料金で帰って来たことになります。
お得ではありましたけど、何だかキツネにつままれたような気分です。
a0292205_00342350.jpg



[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-18 23:30 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
高雄4日目の朝、目覚めたのは8時半近く。
あらら…少し寝坊をしてしまいましたね。
でもまぁ、急ぐ旅でもなし。
ゆっくりのんびりいきましょう。
今日は台湾鉄道で台南にまいります。

高雄駅から台南へは、昨日乗った高鐡だと17分で着いてしまう距離です。
台鐡だと自強号(特急)で35分、莒光(急行)で48分、区間車(各駅停車)だと60分かかります。

私はひと通りの電車に乗ってみたい「やや鉄子気味」なので、往きは区間車で帰りは自強号に乗ってみることにしました。
a0292205_23280086.jpg

台鐡台南駅は駅前に椰子の木がそびえる南国チックな駅でした。

ここでも観光案内所に寄り、今日回るルートの相談をしました。
主だった観光地には歩いて回れるコースもあるそうで、ウォーキング用マップを貰いましたが、先ずは「赤嵌樓」へバスで向かいます。
a0292205_23280088.jpg

a0292205_23280111.jpg

1653年にオランダ人が建設した「プロヴィンティア城」
赤レンガが使われたので「赤嵌樓」と呼ばれるようになった由。

道を隔てた向こう側に「祀典武廟」更にその奥に「大天后宮」があります。
a0292205_23280260.jpg

a0292205_23280262.jpg

ウォーキングマップを片手にテクテク歩きます。
途中「台湾首廟天壇」や
a0292205_23280323.jpg

太平境教会
a0292205_23280496.jpg

a0292205_23280593.jpg

国立台湾文学館などの建物を眺めつつ、「林百貨店」に到着。
a0292205_23280650.jpg

1932年に建てられたデパートですが、当時の経営者が林という日本人だったのでその名が残っているそうです。
今は台南市が外部委託して経営しており、「林」の字が入った様々なグッズが売られています。






[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-18 22:22 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
福々しい巨大布袋様にお別れした後は、歩いて「孔子廟」へ向かいます。
宝覚寺前の健行路を東へ、北屯路との4叉路の雙十路二段を南にしばらく歩くと、左手に見えてきました。
a0292205_22211610.jpg

台湾は小さな道にも名前がついていて、ブロックごとに一段二段と変化していくので、目的地を探すのがとてもラクです。
a0292205_22211691.jpg

孔子廟は学問の神様「孔子さま」のお寺です。
台湾には各地に孔子廟がありますが、ここは特に規模が大きいそうです。

孔子廟見学の後は台中駅に戻ります。
台中駅行きのバス停は隣の体育館前にあります。
バス停には、こんな風にバス番号・行き先・ルートが書かれているので、どのバスに乗れば良いのかがよく分かります。
a0292205_22211720.jpg

お次は「宮原眼科」へ行ってみます。
眼科とありますが病院ではありません。
日本が台湾を統治していた時代に眼科だった建物をリノベーションして、今はお土産物やスィーツなどの店やカフェが入る複合施設になってます。
a0292205_22211847.jpg

台湾土産でお馴染みのお茶やパイナップルケーキ・チョコレートなどが可愛らしく包装されているので、女子たちの人気の場所なんだそうです。
クリスマスの時期でもあり、中は華やかに装飾されてました。
a0292205_22211995.jpg

宮原眼科から少し歩いた先に、系列店の「第四信用合作社」があり、ここでは70種超えのアイスクリームを売っていて、カフェ風に座席もあるのでゆっくり食べることが出来ます。
a0292205_22212080.jpg

私はコーヒーの中から「カリビアン66%ナッツモカ」にチーズケーキをトッピングしてみました。
a0292205_22212046.jpg

腹ごなしにちょっと街を散策。

白亜の建物は1924年の建造物で、今は台中市役所の別館になってます。
内側は赤壁で、中庭の緑の芝生との対比が素敵です。
こういう美しい建物で執務が出来るなんていいなぁと羨ましく思いました。
a0292205_22212179.jpg

a0292205_22212237.jpg


今日の台中の気温は17〜18℃。
薄着で来たのですっかり冷えてしまいました。
早めに高雄に戻ることにします。

台湾は北が亜熱帯、南が熱帯地域に分類されています。
一応冬とはいえ熱帯地域なんだから…と、今回持参したのは夏服+薄手の羽織ものばかり。
実際1日目2日目は気温29℃で、日差しも強くて暑かったのでちょうど良かったのですが、後半はどんより曇り空の上に風もあり、高雄でも台南でもライトダウンがちょうどいい陽気でした。



[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-18 20:09 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
a0292205_00300406.jpg

台湾鉄道で新烏日駅から台中駅へ。
ここでも高雄空港のMRT駅で購入した悠遊カードが活躍しました。
台中市内のバスは悠遊カードをタッチしても10km以内ならば料金の引き落としはないそうです。つまりタダ。
台中市、太っ腹ですね。
因みに現金だと僅かですが支払わなくてはならないようです。

ガイドブックで見つけた台中駅から徒歩10分ほどにある朝ご飯のお店「民生嘉義米?」(漢字変換出来ない😢)で、鶏飯と鰹だしスープのセットを食べてみました。
鰹だしが濃くて美味しい。
鶏飯はベビー茶碗か?という小さいサイズなので、私にはちょうど良かったけど、成人男性が朝ご飯にするなら4〜5杯は食べないと足りないんじゃないかと思います。
a0292205_00300653.jpg

さぁ、食べるものも食べたので観光しましょう。

短時間で回れるコースを予めガイドブックで検討済みですが、せっかくですから観光案内所に立ち寄り、地図を貰うついでにバス停の場所などを尋ねました。

私は旅先で観光案内所を見つけると必ず立ち寄るようにしています。
最新情報は元より地元民に人気のお店やスポットなど、ガイドブックでは得られない情報を貰えるし、細かな疑問にも答えてくれる親切な職員さんが多いです。
ここでは「宝覚寺」への行き先を尋ねたらメモを書いて持たせてくれました。

バスに乗る時運転手さんにメモを見せ、間違いないことを確認。
席が空いていたので座ったら、隣の女性から声をかけられました。
3ヶ月前から日本語を学んでいるそうです。
びっしりひらがなの文章が書き込まれているノートを見せてくれました。
熱心に勉強しているのですね。
女性はページをパラパラめくって1つの文章を私に示しました。
「わたしのせいかくはまじめです。」
確かに…
真面目であろうことは充分推測出来ました。
でもこのセリフ、日常会話での出番は少ないかも?
「This is a pen」と同じレベルですかね?

そんな話をしている時、1人のお爺さんが乗車して来ました。
私が席を譲ろうと立ち上がったら
「あんたはいい。座ってなさい。」と私に手で示して、すぐ側に知らん顔して座っていた若い男女を一喝し、席を譲らせました。
先ほど話をしていた女性は「あなたが降りる停留所はまだ先だからね、気をつけて行ってね」と私に声をかけてバスを下車していきました。
そしたら今度はお爺さんに「あんたはどこへ行くんだい?」と。(以下推測会話)
私。メモを見せる。
👴 ひぃふぅみぃ…と指折り数えて「あと4つ目の停留所だよ」
私。「ありがとうございます。」
👴「停留所を降りたら道を渡ってあっち方向にあるからね」と手で指してくれます。
私。「分かりました。ありがとうございます。
3つの停留所を過ぎたところで
👴「降りる時はこのボタンを押すんだよ」
と言いながら、私のために降車ボタンを押してくれました。
👴「さぁ、早く降りなさい。道を渡ってあっちだよ、あっち」
私がありがとうございますとバスを降りた後も、バスの中から腕をブンブン振り回して「道を渡れ!」と教え続けてくれました。

お爺さんが教えてくれた道を歩いて行くと、道が三又に分かれています。
さて、どっちへ行けばいいのか?
ちょうど向こうから歩いて来た女性にメモを見せて尋ねると、私の手を取り連れて行ってくれました。

そんなたくさんの台中の方々の親切に支えられて訪ねることが出来た「宝覚寺」には、にこにこ顔の大きな布袋様がいらっしゃいました。
a0292205_00300705.jpg

見上げると大きさを実感します。
a0292205_00300712.jpg

背中も大きい。
a0292205_00300840.jpg

布袋様のおヘソは穴になっていて、内部から外を覗けるそうですが、今日は閉まっていました。

[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-17 08:38 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
高雄3日目の朝。
今日は台中観光です。
今朝は中国からの団体客で朝食会場は賑やかでした。
ピアノの生演奏で曲が終わる度に律儀に拍手をしているのは私だけ。
中国人客はピアノより、ワイワイおしゃべりして楽しい食事をすることが優先されるようで、だ〜れも聴いちゃいない。
a0292205_00235075.jpg

フルーツを自家栽培しているスタッフさんから、今朝も私1人だけにひと皿サービスがありました。何故か今日はバナナまで追加されてます。
a0292205_00235122.jpg

さて、台中に向かいましょう。
新左営→台中
大人1名
一般 普通車両(標準車廂)
指定席(對號座)
No.618 9:00
…というメモを用意して新左営駅の当日切符売り場の係員に提示したので、難なく切符を手に入れることが出来ました。
同じ漢字圏の有難みを実感。
a0292205_00235277.jpg

台湾新幹線は日本の新幹線そのままです。
車両の形から座席・電光掲示版・車内販売車まで、丸ごと輸出された所以ですね。
a0292205_00235282.jpg

快適な新幹線で約1時間。
台中に到着しました。

1人のお爺さんが自分の家や村の壁にファンキーな絵を描いて昨今脚光を浴びているという「彩虹眷村」にタクシーで向かいます。
駅でタクシー乗り場を探していたら、白タクの運ちゃんから250元(ドル)でどう?と囁かれました。「高いよ」と言ったら「じゃ、200でいいよ」と。
料金もそうですが、ちゃんと正規のタクシーでないと危険にも繋がるので断ると、運ちゃん、「タクシー乗り場はあっちだよ」と意外と親切な対応でした。

この後正規の乗り場からタクシーに乗ったのですが、女性ドライバーに行き先のメモを見せると「オッケー👌」と車を走らせたものの、何だか随分遠回りしているみたい。しかもメーターを倒していません。
ネットで調べていた10分120元の目安の2倍の20分はかかり、料金も250元請求されました。022.gif
何が正規なのか分からなくなりましたね。014.gif

彩虹眷村はごく小さなエリアでした。

元々区画整理で取り壊されるはずの一角でしたが、この絵が評判になり取り壊しどころか観光名所になったようです。

90歳を遥かに超えた年齢のこの画伯、商魂たくましいようで壁絵を使った様々なグッズも、お爺さん自ら売ってました。
a0292205_00235370.jpg

a0292205_00235468.jpg

このお爺さんが画伯です。
a0292205_00235596.jpg

帰りの足の心配は無用です。
観光客を当て込んだタクシーがたくさん客待ちしています。
もちろんメーターなしの交渉制です。
高鐡台中駅に隣接する台湾鉄道新烏日駅まで200元、ものの5分で到着しました。
[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-16 23:02 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)
ホテルで少し休憩した後、今度こそ夕陽を見たくて夕方少し早めに海側へ。
今日はフェリーに乗って旗津半島へ渡ってみます。
僅か数分の船旅ですが、海風が気持ちいい。
a0292205_23020184.jpg

旗津半島には山の上に灯台や砲台があって、眺望が良いようですが、生憎水平線近くに雲が広がってしまいました。
a0292205_23020243.jpg

今日も夕陽見物はダメですね。
a0292205_23020371.jpg

カラフルな天后宮付近には海鮮料理屋が並んでいて、新鮮な海の幸を楽しめるそうです。

夕陽を諦めたのでサッサとフェリーで戻りましょう。
この後高雄市内を流れる愛河で、遊覧船に乗って橋のライトアップを見ようかと考えたのですが、ちょっと疲れたのでやっぱりホテルに戻ることにします。

ひとり旅は、こんな風に臨機応変の勝手行動が出来るのがいい。
起きたい時に起き、食べたいものを食べたい時に食べ、その時々行きたいところへ行く。
そんな自由旅が好きです。
[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-16 22:24 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
左営駅でご夫婦と別れ、私は隣接する高鐡(台湾新幹線)新左営駅へ。
翌日に新幹線に乗って台中まで行く予定なので、乗り場や券売所のリサーチを兼ねて時刻表をもらうためです。
予め指定席を購入することも出来ますが、正直何時に起きれるか分からないし、体調によっては中止も考えられるので、当日出たとこ勝負でということにしました。
さて、その後はMRTで高雄駅へ。
a0292205_21061764.jpg

300年の歴史があるという中国北方宮殿式の建築が美しい道教のお寺「三鳳宮」
鮮やかな色彩の立派な建物です。
a0292205_21061821.jpg

途中、「三鳳中街観光商圏」という乾物屋さんばかりが集まるマーケットへ寄り、大好きなナッツ類を書いました。
a0292205_21061908.jpg

a0292205_21062003.jpg

お昼も過ぎたし荷物が増えたので、一旦ホテルへ戻りましょう。
MRT美麗島駅1番出口真ん前にあるガイドブックでも有名な「大園環鶏肉飯」で人気の蛤仔雛湯(ハマグリスープ)をいただき、鶏肉飯は持ち帰りにしました。
a0292205_22241562.jpg

a0292205_22241659.jpg

どちらもごく少量なので私でもあっさり完食!とても美味しかったです。
[PR]
# by chingu-amigo | 2016-12-16 20:37 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)