セカンドライフを楽しむ


by chingu-amigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:国内旅行 ( 255 ) タグの人気記事

2016.7岡山・倉敷…の旅⑥

尾道をサクッと廻った後は姫路へ。
福山から岡山が16分、岡山から姫路までが21分という短時間で新幹線を乗り継ぐなんて、初めての贅沢かと。

実は当初、旅の計画をした時には、3日目は尾道だけをじっくり周ろうかと思っていました。
でも旅の途中で、姫路城にも行きたいとの思いが急にもくもく…と。
じゃあ、尾道をやめて姫路に行く?と考えたりした結果、どっちも行っちゃえ!ってことに。

そんなわけで、3日目はちょっと慌ただしい行程になりました。
尾道を13:28→福山→岡山→姫路14:49
ソッコーで姫路城へ。
私、姫路城は45年ぶりの再訪です。
平成の大改修終了後は「白鷺城」ならぬ「白過ぎ城」と言われつつも、大変な数の観光客が訪れ、整理券がないと天守閣の中に入れない状況でしたが、今は幸い待ち時間なしで入城出来ました。
春に行った彦根城は天守閣までの坂道に青息吐息でしたが、姫路城はそれほどのしんどさはありませんでした。
しか〜し!
6階建ての天守閣の中がしんどかった。
私の欠損した肺では息苦しくて、6階までズンズン昇るのはつらい。
各フロアーに着く度に、はぁはぁと呼吸を整えざるを得ませんでした。

お城巡りは体力と脚力が必須ですね。
a0292205_19303777.jpg

a0292205_19303869.jpg

a0292205_19303802.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-08-02 18:58 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
a0292205_18495120.jpg

さて旅も3日目。
今朝もホテルでたっぷり朝食をいただきました。
今日は移動が多いので、ホテル近くのコンビニから荷物を宅配に出して身軽になりました。
先ずは岡山から山陽本線で尾道へ。

尾道は古寺と文学とネコの街なんだそうです。
私は千光寺山の上から望む瀬戸内海を見てみたかった。
駅前からバス🚌に乗り長江口下車。
ロープウェイ🚠で山頂を目指します。
山頂に行けば落ち着いた写真が撮れるのに、何故か焦って動くロープウェイからの景色を撮りたくなるのも常です。😅
展望台で景色を堪能したら、文学のこみちを歩いて下ります。
ここには林芙美子や志賀直哉、正岡子規や柳原白蓮などの詩や言葉が石碑に刻まれています。
「放浪記」で林芙美子は幼少期に過ごした尾道を懐かしく書いています。

a0292205_18495113.jpg

a0292205_18495219.jpg

a0292205_18495254.jpg

a0292205_18495224.jpg

a0292205_18495321.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-08-02 18:12 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
後楽園と岡山城を見学した後はちょっと遠出。
瀬戸内海の島々のひとつ「直島」に向かいます。
今、瀬戸内海の島々では「瀬戸内国際芸術祭」が開催中。
そのせいか、小さな島に外国からの観光客も多く見かけました。
芸術祭で展示されている作品も魅力でしたが、私は草間彌生さんの有名な「赤かぼちゃ」を見たかったのです。
「赤かぼちゃ」は岡山宇野港からのフェリーが着く宮浦港のすぐ側にありました。
黒い水玉模様の真っ赤なかぼちゃは、何度も写真で見ていましたが、実物はやはり迫力が違います。
思った以上に大きくて、かぼちゃの中にも入れるのですよ。
町立バスに乗り、黄色いかぼちゃも見て来ました。
海辺にポツンと置かれているこの「黄色かぼちゃ」も可愛かったです。
草間彌生さんご自身のインパクトのあるお姿から想像出来る通り、彼女の創造力の底知れぬパワーを感じました。

陽射しもキツい真夏の海辺を歩いたせいで、汗まみれで脚も疲れました。
直島にあった銭湯でひと休みしましょう。
そしてこの銭湯が実にアートでした。
なんと、お風呂場に象がいたのです!
天井はカラフルな絵の具をブチまけたようだし、浴槽の中のタイル絵がまた素晴らしい。
脱衣所の洗面コーナーにまでアートがふんだんでした。
a0292205_18083612.jpg

a0292205_18083601.jpg

a0292205_18083700.jpg

a0292205_18083786.jpg

a0292205_18083846.jpg

a0292205_18083862.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-08-02 17:29 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
ホテルでの朝食を終え、先ずは岡山後楽園へ。

タクシーで行った方が速いかなとホテルのフロントの方に相談したら、今日は岡山で高校総体があり皇太子さまもいらっしゃるのであちこち交通規制しているから、路面電車の方が間違いないですよとのこと。
仰せの通り路面電車で向かいます。

駅前からカラフルな電車に乗って3駅目、「城下」で下車。
そこから15分ほど歩いて岡山後楽園の正門へ。
金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並んで、ここ岡山後楽園は三大庭園として有名ですね。
夏休み中とはいえ、朝も早かったので人出もあまりなくゆっくりお庭を鑑賞することが出来ました。
とてもいいお庭です。

東門から出るとその先にはすぐ「岡山城」があります。
天守閣は再建されたものなので、綺麗だしエレベーターもあって登りやすいのですが、その姿を写真におさめようとする時にどうしても薄っぺら感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

天守閣2階に、お姫様になれる簡易着付けコーナーというのがあり、ややコスプレ好きな私は早速体験。
どうせなら目一杯派手なものをと、鮮やかな朱色の打掛を選びました。
着付けをしてくれた係の方がセッセと写真を撮ってくれて有難かったのですが、見物客もいる中でポーズをとるのが恥ずかしくて笑顔がひきつってしまいました。
写メを送った友人からは、「姫さまじゃなくて、いじわるな大奥総取締役みたいだ」とのコメントが…
a0292205_17291158.jpg

a0292205_17291248.jpg

a0292205_17291212.jpg

a0292205_17291346.jpg

a0292205_17291399.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-08-02 16:50 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

2016.7岡山・倉敷…の旅②

岡山での宿泊先は三井ガーデンホテル岡山。
ここを選んだのは
①駅から近いこと
②大浴場があること

倉敷観光で汗にまみれ、ぱんぱんに張った脚の疲れを、たっぷりのお湯が取ってくれました。

朝食はホテルのビュッフェで。
岡山名物の「ままかり」とB級グルメの「えびめし」を食べてみました。
専門店で一人前を食べるほどでない時は、こんな風にビュッフェでお試しするのがちょうどいい。
「ままかりの酢漬け」はお代わりするほど美味しかった。
ままかりとはニシンの仲間の小魚で、あまりに美味しくて自分ちのご飯を食べ尽くし、更に隣家からご飯を借りてくるくらい…というほどの味だとか。
確かに、さっぱりしてるので幾らでも食べられます。

「えびめし」は、具材に海老を入れたデミグラスソースっぽい味の炒飯です。
味つけは色々あるようですが、ホテルのはドライカレーっぽい味がしました。
真っ茶色な濃い色がインパクト大です。


今日はこれから「後楽園」と「岡山城」に向かいます。
a0292205_06594889.jpg

a0292205_06594943.jpg

a0292205_06594921.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-07-28 06:38 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
思い立って岡山にやって来ました。

初日の今日は、岡山空港から倉敷へ。
CAのお姉さんの案内では岡山は曇り、摂氏24°とのことでしたが、陽射しは強く気温もグングン上昇して暑い1日になりました。😩

街並みが美しいと評判の倉敷美観地区は、倉敷駅から歩いて15分ほど。
お腹は空くわ、暑さは厳しいわで、さてどう巡ろうかと思案していたら、人力車のイケメン車夫さんから声がかかった。
美観地区はごく小さなエリアなので、外環を人力車でご案内しますから中心部だけ歩いて回ったらいかがですか?と。
交渉成立。30分コースで7000円。

白壁の蔵造りの古民家は外観はそのままに、中はお土産屋さんやカフェにリノベーションされて、女子好みの街に仕上がってます。
ここでも外国の観光客がたくさん。

大原美術館は本館・分館・工芸館等じっくり見学。見所多いです。
街の中心を流れる倉敷川を、ゆったり観光川船で巡るのも楽しかった。

お昼は旅館くらしきで懐石風お弁当「散歩道御膳」を。
ご飯はパスしたのですが、結構なボリュームでした。
a0292205_22434381.jpg

a0292205_22434429.jpg

a0292205_22434422.jpg

a0292205_22434593.jpg

a0292205_22434505.jpg

倉敷の最後は、築100年以上になる木造三階建てをリノベーションした「林源十郎商店」の喫茶コーナーで、がっつり白桃タルトセットを。
しばらく糖質制限を続けて味覚が変わったのか、超甘党だった私がタルト生地の甘さに完敗です。
a0292205_22434557.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-07-27 21:31 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)
a0292205_22112707.jpg

神楽坂にある「志満金」という和食屋さんで、現在国内で5人しかいないという「太鼓持ちさん」のお座敷芸を鑑賞しました。

太鼓持ちと言えば、よく落語に出て来る「お調子者」を連想しますが、芸者衆のお座敷では、座の進行役というか、会全体の盛り上がりを見極めて、足りないところを巧く補うコーディネーターの役どころのようです。

お笑い芸人のようなトークの力量も必要だし、踊りや小唄、都々逸などの芸事にも長けてなければなりません。

昨今では、お座敷遊び自体が少ないし、今回の様な見学ツアーでは、客の年齢や職業などを想定して話題や出し物を変えたりする苦労もあるようで、もうほとんど絶滅危惧種の職業だそう。

途中休憩を挟みながら約75分ほど、とても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
時にゲラゲラ笑ったり、粋な小唄にため息ついたり…
三味線のバチさばきに目を見張ったり…

多分この先も手を出すことはないだろうけど、和の芸事にちょっと心惹かれたひとときでした。
a0292205_22112789.jpg

a0292205_22112806.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-06-22 21:35 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)

谷中で人力車に乗る。

今日は、文京区谷中界隈を人力車に乗って巡りました。

人力車といえば、浅草や京都嵐山辺りでマッチョなイケメン兄さんの観光人力車を思い出しますが、私が乗ったのは若い女性の車夫さんでした。

ママ友と2人で乗ったので、重くはないかと案じましたが、引き方にコツがあるのかそれほど体力を要しないそう。

日暮里から谷中銀座商店街辺りをぐる〜っとひと回りで1時間ほど。
途中、観光案内や車夫さんオススメのお店の紹介などもあり、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

帰りには有名な夕焼けだんだんを歩き、谷中銀座商店街の名物コロッケやメンチカツをお土産に買いました。
a0292205_19554111.jpg

a0292205_19554250.jpg

a0292205_19554329.jpg

a0292205_19554363.jpg

a0292205_19554477.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-06-15 19:45 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

伊豆大島でアジサイ観賞

a0292205_23445958.jpg

東海汽船の日帰りツアーで伊豆大島へ行って来ました。
伊豆大島では、三原山山頂付近の観光や、島独自の品種も含めたくさんの種類の紫陽花を観賞しました。

ジェット船での往復と、観光バスに乗車しての観光、海鮮山盛りの「爆弾丼ランチ」、更に島の名物のお土産までついたツアーの料金は9500円。
往復の船代にもならないお得なツアーでした。

かつて、夜行船で船底に雑魚寝して向かった大島。今は、ジェット船で片道1時間45分で到着する距離です。
40年の月日を感じます。

好天に恵まれ、楽しいミニ旅が出来ました。
a0292205_23445953.jpg

a0292205_23450054.jpg

a0292205_23450094.jpg

a0292205_23450192.jpg

a0292205_23450192.jpg

a0292205_23450225.jpg

a0292205_23450226.jpg

a0292205_23450314.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-06-14 23:23 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

明治神宮御苑の花菖蒲

a0292205_20411192.jpg

梅雨の合間をぬって、明治神宮菖蒲園に行ってきました。

緑濃い御苑の中で、花菖蒲の白から濃い紫色までのグラデーションがとても美しかったです。

菖蒲園をぬけた先にある「清正井」(きよまさのいど)は、近年パワースポットとして人気があるそうで、長蛇の列が出来ていました。
正直、何のパワーかよく知りませんが、とりあえずいただけるパワーは何でもいただくつもりで、しっかり並んでお詣りしておきました。

涼やかな風の中、緑に囲まれて過ごすひと時は贅沢ですね。
a0292205_20411137.jpg

a0292205_20411168.jpg

a0292205_20411200.jpg

a0292205_20411262.jpg


[PR]
by chingu-amigo | 2016-06-08 20:30 | 花・植木 | Trackback | Comments(0)